水道管から水漏れが…


こんにちは!

最近、冬という季節もあり、鉄管の水道管から水漏れするという相談が相次いでいます。

先日、築35年の住宅にお住いのお客様から水道検針の際に漏水の可能性を知らせる通知が入ったと相談を頂きました。
調べたところお風呂の水道管が建物内部で漏水していました。
敷設されている水道管が鉄管だった為、劣化(腐食)が進んでいて茶色く錆びており、そこからの漏水していました。
今回は、既存の配管を止めて新しい管を建物の外から配管し直しました。

このように鉄管の水道管はどうしても劣化します。
水道管は20年~30年程度で蛇口から錆を含んだ赤水が出たり、漏水するなどし寿命を迎えると言われています。

水道管から水漏れ
水道管から水漏れ

最近の新築の戸建て住宅では、ほとんどが樹脂管を使っているので錆の心配はありませんが、まだまだ多くの住宅では地面や床、壁の内部などに鉄管の水道管が通っています。


見えないところで劣化が進む上に、工事になると工事期間や費用がかかるケースが多いので、出てくる水が錆びくさかったり赤水が出たら、お問い合わせください。

K.C

同じタグが付けられたスタッフブログを見る