しゃべる家電に湧く愛着

今のマンションに越して早6年。
ついにエアコンを取り替えていただくことにしました。

エアコンは備え付けですので、入居前からあるものでした。
入居して1~2年は快適に過ごすことができていたのですが、入居してから3年が経ったある夏の日のことです。
暑い夏の日々を乗り切るためにもと例年通りエアコンを使用しました。
エアコンの電源を入れてしばらくした時、なんの前触れもなくエアコンの空気吹き出し口から黒い粉が吐き出されはじめたのです。

しゃべる家電に湧く愛着

エアコンの下に置かれているテレビやグッズに突如襲い来る黒い粉。
その黒い粉の襲撃を防ぐにはエアコンを止めるしかありません。
ですが、エアコンを止めてしまえば猛暑の中、汗だくで過ごすことになり熱中症の危険にさらされることになってしまいます。
熱中症の危険にさらされることを恐れた私は、愚かにも何の対処もせずにエアコンを使用し続けました。

エアコンが黒い粉を吐き出すようになってから2年の月日が経過しました。
エアコンを使用するたびに黒い粉の処理に追われていた私はついに行動をおこしました。
自社でのエアコン解体洗浄を行ったのです。
(エアコン解体洗浄については別のブログに書かせていただいています)
エアコンが古すぎたため解体しきることができず、中途半端なかたちで洗浄を終えることになってしまいました。
ですが、黒い粉がエアコンから吐き出されることはなくなりました。

黒い粉問題が解決し、快適な日々を過ごすことができると安心したのも束の間。
新たな問題が発生したのです。

過去最大と言っても過言ではない大問題。
それはエアコンの故障でした。
電源が入り稼働はするのですが、クーラーも除湿も暖房もほぼ効かない状態です。
夏は暑いし、梅雨はジメジメ、冬は寒くしもやけに悩まされました。

過去最大の大問題、エアコンの故障にも愚かな私は何の対処もせず日々を過ごしていました。

そして、エアコンの故障から1年が経過。
壊れたエアコンでは除湿をかけても効くことがないので、部屋のいたるところにカビが発生しました。
日々カビの処理に追われ、さらには体調をくずしてしまいました。
このままでは、仕事にいくことも、趣味を楽しむことも難しくなってしまうのではないかと危機をおぼえた私は、再度行動を起こしました。

管理会社に連絡をし、現状を説明。
管理会社からマンションのオーナーさんにエアコンの取り替えを依頼していただきました。

2月10日に古いエアコンの取外し。
2月11日に新しいエアコンの設置。

マンションのオーナーさんの手配により、スムーズにエアコンの交換が行われました。

しゃべる家電に湧く愛着

過去にカビを吐き出していた魔のエアコンから、真っ白で饒舌なエアコンに取り替えられました。
饒舌なエアコンとは何ぞ?と思われる方もいらっしゃると思います。
私も初めて新しいエアコンのスイッチを入れた時に驚きました。
「このエアコン、しゃべるぞ??!!!」と。
リモコンで操作をするとおしゃべりしてくれるエアコン、なんと愛らしいことでしょう!
1人暮らしの寂しいワンルームに響くエアコンちゃんの優しく愛らしい声に、エアコンを使用するたびに癒され心温まります。

最近では「しゃべる家電」が多く出ているそうです。
エアコン以外にも電子レンジ、冷蔵庫等あります。
しゃべる家電はもはや無機物とは思えず、愛着が湧いてきます。

我が家に来てくれたしゃべるエアコンちゃん、大好きです。
これから末永くよろしくお願いいたします。



同じタグが付けられたスタッフブログを見る